酵素は体にあるもの、だから効果がある

そもそも酵素というものがどんなものか、理解していますか?
酵素とは私たちの体になくてはならないものです。食べたものを消化するのも酵素、消化したものをエネルギーに変換して代謝するのも酵素です。この酵素がなければ私たちは生きることさえできません。

でも大きなストレスを受けたり、生活リズムが不規則であったり、あるいは加齢によって体内にある酵素というのはだんだん減っていってしまいます。つまり、生きるためのものが減っていってしまっているということです。でも酵素がなくては生きられない…だから、体内で生産できないなら外から補おう、というわけです。

実際、私たちは知らず知らず酵素を口にしています。生の野菜や果物には非常に多くの酵素が含まれていて、これが体内に吸収されることによって減っていた酵素が補給されるというわけです。

ですから、酵素ドリンクなどで断食をしながら酵素を摂取することは非常に有効なことです。
野菜などを食べるときは固形物になってしまうため、どうしても消化酵素が働いてしまいますが、酵素ドリンクであれば液体ですから、ある程度消化酵素の働きを抑えて逆に代謝酵素の効果が高くなっていきます。

こうして酵素を摂取することによって私たちの体の中の酵素のバランスというのが整えられていき、結果として健康な体を手に入れることができるというわけです。実際、酵素を摂取することを意識づけてからというもの体の調子がよくなった、という人たちはたくさんいます。体にすでにあるものを補う、だから酵素には効果があるのです。