酵素を刺激して摂取すれば効果アリ!

酵素なんて効果無い!と思っている人がいますが、そんなことはありません。
何かと不足してしまいがちな酵素を外から補給してあげることはとても大切なことであり、きちんと吸収される形で補給すれば酵素は私たちの体を健康な状態に保つ効果を発揮してくれます。

キーワードは「酵素の活性化」です。
酵素もイキイキした状態になれば、さらに体によい効果を与えてくれます。
ではどうしたら活性化してくれるのでしょうか。その答えは「酵素に刺激を与えること」です。といってもイメージできないかと思いますから、具体的な方法をあげていきましょう。

一番簡単なのはジューサーを使って野菜や果物をジュースにする方法です。こうすることでかさばって食べにくい野菜や果物もたくさん食べることができますよね。このジュースを食事と一緒に摂取することによって酵素の力がさらにパワーアップして、より効果が出やすくなるのです。

じゃあ市販の野菜ジュースでもいいの?と思うかもしれませんが、市販のものはほとんどが熱処理されてしまっているので、大切な酵素がはたらきを失ってしまっている可能性が高いのです。ですから、できるだけ自分で手作りするようにしましょう。

またすりおろすというのもいい方法です。大根やなし、りんごといったものをすりおろして食べるとより高い効果を得ることができます。大根おろしはお肉や魚をさっぱりさせてくれますよね。この時、口に入れる前に肉や魚に野菜を触れさせることによっても、より大きな効果を得ることができますよ。

胃の中で行うことを事前に酵素がしてくれるからです。つまり外で消化と同じようなことをしてくれるということです。なしやりんごはドレッシングに使うようにすれば手軽に食べることができますよ。

こうしてひと工夫することで酵素はより体に吸収されて高い効果を発揮するのです。生野菜や果物をそのまま食べるのではなくこうした食べ方で摂取するようにしましょう。